強固なセキュリティと高い流動性!ビットバンクの魅力

bitbank(ビットバンク)はビットバンク株式会社が運営する仮想通貨取引所です。


ビットバンク株式会社は「bitbank(ビットバンク)」と「bitbank Trade(ビットバンクトレード)」の2つの取引所を運営しています。


bitbank(ビットバンク)は仮想通貨の現物売買のみを扱っており、bitbank Trade(ビットバンクトレード)は最大20倍のレバレッジでのビットコインFXを提供する、レバレッジ取引専用の取引所です。


bitbank(ビットバンク) 現物売買専用
bitbank Trade(ビットバンクトレード) レバレッジ取引専用

今回は現物取引専用の取引所ビットバンクの特徴を紹介します。


ビットバンクの特徴

強固なセキュリティ

bitbank(ビットバンク)は、仮想通貨を外部のネットワークから遮断された状態で管理するコールドウォレットの採用や複数の秘密鍵を用いるマルチシグなど、ハッキング等へのセキュリティ対策に非常に力を入れている取引所です。


今年1月に巨額の仮想通貨の不正送金事件が発生した際には、仮想通貨がコールドウォレットで管理されていなかったことが1つの要因だったのではないかと言われましたが、ビットバンクではアルトコイン5種を含む全ての取り扱い通貨でコールドウォレットへの対応を完了しています。


また、複数の秘密鍵を用いるマルチシグ方式についても、イーサリアムを除く5種類の取り扱い仮想通貨でコールドウォレットのマルチシグ化が完了しており、業界でもトップクラスのセキュリティレベルとなっています。



ビットバンクはイーサリアムについても、現状ではマルチシグウォレットの脆弱性に起因するセキュリティ面での懸念があることから導入を見送っているものの、マルチシグ化に向けた検討を進めているとしています。


豊富なアルトコインと高い流動性

bitbank(ビットバンク)では、ビットコインイーサリアムライトコインリップルモナコインビットコインキャッシュの6種類の仮想通貨を取引することができます。


ビットコイン・アルトコインともに板で売買するため価格の透明性が高く、最適なレートで快適に仮想通貨の取引を行うことができます。



また、ビットバンクは「国内最大級のアルトコイン流動性」を強みとしており、先日リップルの取引量が世界一になった取引所でもあります。

ビットバンクがリップルの取引量で世界No.1に

2018.06.01

高機能アプリで手軽に取引できる

bitbank(ビットバンク)は先日、外出先でも手軽に取引や相場分析ができる取引アプリをリリースしました。


iOS・Androidともに対応しており、ビットコインやリップルを含む6種類の仮想通貨の取引ができるのはもちろん、多数のテクニカル分析を使った本格的な相場分析も可能となっています。


スマートフォン版アプリでもオフラインのコールドウォレットやマルチシグが採用されており、セキュリティ対策も万全ということです。



全通貨ペアで取引手数料無料などお得なキャンペーンを実施中

bitbank(ビットバンク)では9月末まで、期間を延長して全通貨ペアで取引手数料無料キャンペーンを実施中です。



ビットバンクが全通貨ペア手数料無料キャンペーンを期間延長!

2018.06.12

本キャンペーンでは、ビットバンクの全取り扱い通貨ペアの売買手数料が無料となります。


また、リップル/円の取引の出来高を毎週集計し、ランキング上位10名に対して毎週5,000円〜最大10万円相当のリップルをプレゼントする「リップル出来高ランキングキャンペーン」も実施しています。


毎週リップルがもらえるチャンスあり!ビットバンクでリップル出来高ランキングキャンペーン実施中

2018.06.15

ビットバンクトレードでレバレッジ取引も!

レバレッジ取引専用の取引所「bitbank Trade(ビットバンクトレード)」では、ビットコインFXの取引ができます。独自のCGF制度というシステムにより「追証なし」を実現しているほか、最短2分での口座開設・即日取引開始ができる点も魅力です。

スマホで簡単登録!ビットバンクトレードの口座開設方法

2018.03.14