スマホで簡単!ビットトレードの口座開設方法

ビットトレードは仮想通貨交換業者として金融庁に登録済みの業者です。取扱い仮想通貨が豊富で、ビットコインイーサリアムはもちろん、リップルライトコインモナコインといった日本人に人気のアルトコインも揃っています。


また、カスタマイズ性が高く高機能なチャートツール「TradingView」を採用しており、板取引や指値注文も可能です。


今回はビットトレードでの口座開設をスマホで行う手順について解説します。



ステップ1:会員登録

メールアドレスを入力し、会員登録を行う

メールアドレスを入力

ビットトレードのページでメールアドレスを入力し、「会員登録」をタップします。


入力したアドレス宛にメールが送信されます

入力したアドレス宛にメールが送信されます。

パスワードを設定する

受信したメールに記載されているURLをタップします

受信したメールに記載されているURLをタップします。


パスワードを設定します

パスワードの設定画面が表示されるので、パスワードを設定します。
「利用規約に同意します」などの項目を確認してチェックを入れ、「登録」をタップします。


ステップ2:基本情報の登録

基本情報を登録する

基本情報を登録します

「ログインしました」というメッセージが表示された後、基本情報の登録画面になります。(同時に、登録したアドレスに「新規口座開設完了のお知らせ」メールが届きます。)
登録する情報は氏名氏名のフリガナ生年月日住所です。


全て入力したら「次に進む」をタップします

全て入力したら「次に進む」をタップします。


「確認」をタップします

取引の目的と職業について、選択肢の中から当てはまるものを選択します。
「外国の重要な公人(外国PEPs)とは」を確認し、「外国の重要な公的地位にある者に該当しません。」を選択して「確認」をタップします。

基本情報の確認

登録内容を確認します

登録内容を確認し、問題がなければ「登録」をタップします。


「登録」をタップします

基本情報の登録が完了しました

基本情報の登録が完了しました。続いて本人確認書類のアップロードに進みます。


ステップ3:本人確認書類のアップロード

本人確認書類のアップロード

本人確認書類の種類を選択します

アップロードする本人確認書類の種類を選択します。運転免許証、パスポート、住民基本台帳カード、在留カードのいずれかが利用できます。今回は運転免許証を選択しました。


「アップロードする」をタップします

本人確認書類は表面と裏面の計2枚の画像をアップロードする必要があります。画像が不鮮明だったり一部が欠けていたりすると再提出しなければならなくなることがあるので、注意しましょう。
表裏両面の画像を選択したら、「アップロードする」をタップします。


「この内容で登録する」をタップします

アップロードする本人確認書類の画像を確認し、問題がなければ「この内容で登録する」をタップします。

登録完了

登録完了

アップロードが完了すれば、無事に登録完了となります。
この後審査が行われ、審査が完了すると登録した住所宛に確認書類が郵送されます。確認書類を受け取ると、全ての手続きが完了となります。