仮想通貨とは

近年、ビットコインをはじめとする仮想通貨の価格の変化や、私たちの社会への広がりが大きな話題となっています。

しかし、そもそも仮想通貨とは何なのでしょうか。


平成29年4月から施行された改正資金決済法(いわゆる「仮想通貨法」)では、次のような性質を持つものを「仮想通貨」としています。

仮想通貨法における仮想通貨の定義
  1. 不特定の者に対して、代金の支払い等に使用でき、かつ、法定通貨(日本円や米ドル等)と相互に交換できる
  2. 電子的に記録され、移転できる
  3. 法定通貨または法定通貨建ての資産(プリペイドカード等)ではない

金融庁仮想通貨リーフレットより

仮想通貨に対して、国家や中央銀行によって発行され、価値が保証されている日本円や米ドルなどの通貨を法定通貨といいます。


従って、上記の定義を言い換えると、仮想通貨とは「法定通貨のように支払いなどに使うことができる、インターネット上で保管ややり取りが行われるお金」と言うことができます。


しかしこの定義は、仮想通貨の最大の特徴をとらえるには不十分です。


これまでの「お金」と仮想通貨の違い

「ネット上でやり取りできるお金」と言えば、クレジットカードや電子マネーを使った買い物を思い出す人もいるかもしれません。ネット通販サイトでクレジットカードによる支払いで買い物をしたり、コンビニなどの店舗で代金を電子マネーで支払ったりしたことがあるという人は多いでしょう。


しかし、このような「ネット上でやり取りできるお金」と仮想通貨は、根本的な点で異なっています。


クレジットカードや電子マネーは、日本円などの法定通貨を、紙幣や硬貨を用いずにやり取りできるようにしたものですから、本質的には日本円をやり取りしているのと同じです。また、銀行の口座にお金が振り込まれるという場合にも、紙幣や硬貨といった実体をやり取りすることなく、電子的なデータとしてお金の移動が行われています。


つまり私たちは、仮想通貨が出現する以前から、「ネット上でお金をやり取りする」ということは行ってきたのです。


では、これまでの「法定通貨」と「仮想通貨」との決定的な違いとは何なのでしょうか。


それは、仮想通貨には中央管理者が存在しないということです。


法定通貨は各国の中央銀行が金融政策のもと発行しており、国の政策によって発行量が調整されます。従って、日本円の管理者は日本という国であると言えます。


一方、仮想通貨は、特定の組織や管理者によって発行や流通が管理されているわけではありません。


では、管理者がいない仮想通貨の発行はどのように行われているのでしょうか。管理者が不在で、問題が起きたりはしないのでしょうか。ここではそれらの点について簡単に説明します。


仮想通貨の発行のしくみ

前述のように、国が発行する法定通貨は、国の金融政策によって発行量の統制がなされています。


一方、ビットコインの発行量は、誰かが定期的に増やしたり減らしたりするわけではなく、ビットコイン自体のシステムによってあらかじめ決められたルールにのっとっています。


まず、ビットコインは発行量に上限があり、2100万枚までしか発行されないことになっています。これは発行量に上限がない法定通貨との大きな違いです。


ビットコインの総発行量は下のようなカーブを描き、2140年頃に上限である2100万枚に達する見込みとなっています。


【ビットコインの発行量のグラフ(Bitcoin Wikiより)】


法定通貨は中央銀行や政府といった中央管理者によって発行量や流通量が統制されていますが、仮想通貨は上述のように、システムによって発行ペースがあらかじめ決められているのです。


より詳しいビットコインの発行の仕組みについては、下記の記事をご参照ください。

ブロックチェーンのしくみ

2017.11.20

仮想通貨の安全性を支えるブロックチェーン

仮想通貨のシステムを理解する上で欠かせないのが、「ブロックチェーン」の概念です。


ブロックチェーンとは、ビットコインの全ての取引の履歴が記録される公開された台帳のようなもので、「公開元帳」や「公開台帳」と呼ばれることもあります。ブロックチェーンには過去から現在までの全てのビットコインの取引が記録されており、ビットコインの取引は、ブロックチェーンを照合すれば整合性を確認することができるようになっています。


※BTCとはビットコインを数える単位です。(⇒「ビットコインの単位」の記事へ)

ここで心配になるのが、「悪意のある人物によってブロックチェーンが不正に書き換えられてしまうことはないのか?」ということでしょう。


その心配はいりません。ビットコインのシステムでは、改ざんを防ぐために公開鍵暗号やハッシュなどといった高度な技術が用いられています。これらは一般的に事業者がユーザーのパスワードを保存する際などにも利用されているもので、ビットコインの過去の取引記録を不正に書き換えることは容易ではありません。

ブロックチェーンのしくみ

2017.11.20

ちなみに、このように安全性の確保のために暗号技術が用いられていることから、ビットコインなどの仮想通貨は「暗号通貨」とも呼ばれます。英語圏では、この暗号通貨(cryptocurrency)という呼び方が広く普及しているようです。

このように「中央管理者がおらず、あらかじめ自身のシステムで決められたルールに基づいて発行が行われる」「容易に改ざんできないブロックチェーンの技術を用いている」といった点が、仮想通貨の大きな特徴です。


ビットコイン以降にリリースされた仮想通貨(いわゆるアルトコイン)の中には、発行量の上限がないものや、発行のしくみがビットコインとは異なるものもあります。

アルトコインとは?-ビットコイン以外の仮想通貨の銘柄について

2017.11.21

2009年にビットコインが誕生して以来、同様のシステムを持つ仮想通貨が次々と生み出されています。様々な仮想通貨の市場規模などのデータを公開している CoinMatketCap によると、2017年10月16日時点で、全世界で1000種類以上の仮想通貨が存在します。