米著名ストラテジストが予測引き上げ「ビットコインは2018年半ばまでに11,500ドルに」

金融機関やヘッジファンドに投資戦略を提供するアメリカの独立系調査会社Fundstrat社の共同創立者Thomas Lee氏が、ビットコインの価格は2018年半ばまでに11,500ドル(約128万円)に達すると予測しました。

同氏は今年8月にビットコイン価格が6,000ドルになるとする予測を発表していましたが、今回その予測をおよそ2倍に引き上げた形です。

Fundstrat社とは

Fundstrat社は世界12か国140社以上に対して米国株式に関する情報や投資戦略を提供している調査会社です。2016年10月には、日本のSMBC日興証券株式会社が同社と国内独占契約を締結しています。

同社の共同創立者Thomas Lee氏は著名ストラテジストとして多数のメディアに出演し、2009年から13年まで5年連続で米国株式ストラテジスト部門のTOP3に選ばれています。

予測引き上げの理由

Lee氏は先日ビットコインへの投資について「中立」の立場を表明していましたが、そのわずか数週間後の22日に今回の予測を出しました。

同氏が中立の立場を表明した当時のビットコイン価格は7,400ドル前後で、同氏の見方では、このときは「初心者などの一定レベル以下の投資家がビットコインを多く保有しすぎていた」とのことです。

しかし今月初め、「Segwit2xハードフォーク」を中止する声明が発表され、ビットコイン価格は大きく下落。12日には5,600ドルまで値下がりしました。

同氏は「この下落で初心者などレベルの低い投資家がうまく振り落とされた」と考えており、「もはや(ビットコインへの投資に)慎重でいる必要はない」と述べています。

また、同氏は予定されているビットコイン先物取引の上場も好意的に見ており、著名ストラテジストによるこれらの予測がさらに市場に影響を与えそうです。