ビットコイン価格が100万円を突破、年初の約10倍に

26日、国内の取引所におけるビットコインの価格が初めて100万円を超えました

今年初めには1BTC=約11万円でしたが、1年でおよそ10倍に値上がりしたことになります。


ビットフライヤーより】


ビットコイン価格上昇の背景には、通貨としての普及への期待だけでなく、アメリカの大手先物取引業者CMEグループが今年中にビットコインの先物取引を上場すると発表していることなどから、今後機関投資家の資金も流入しますます価格が上がることへの期待があると考えられます。

【追記 2017/12/1】
米CMEグループは12月1日、ビットコインの先物取引を同月18日に上場すると発表しました。

Coming Soon: Bitcoin Futures – CME Group

また、8月のビットコインキャッシュ、10月のビットコインゴールドなど、これまでにビットコインブロックチェーンからの分裂によって新たな仮想通貨が複数誕生しており、さらなる分裂の予定が次々と発表されています。

これらの新通貨はビットコインキャッシュやゴールド同様、分裂時点でのビットコイン保有者に付与されると予測されるため、分裂ラッシュを前にビットコインを保有して新通貨の付与を受け、値上がり益を狙おうという考えから、ビットコインの買いが加速しているようです。

ビットコインの現状は「バブルだ」と評する声もありますが、著名ストラテジストによる「ビットコインの価格は2018年半ばまでに11,500ドル(約128万円)に達する」との予測もあり、今後もさらなる価格の上昇が期待されています。