ビットコイン急騰を受けGMOコインが取引ルール変更予定内容をさらに変更

今月4日に仮想通貨取引所GMOコインが最低スプレッドの引き上げなどのルール変更を行うことを発表していましたが、本日ビットコイン価格の急騰を受け、変更内容がさらに変更・追加されることが発表されました。

GMOコインがFXの最低スプレッド300円→500円など取引ルール変更を発表

2017.12.05

変更のタイミングは、当初の告知通り2017年12月8日15時からとなります。

変更内容(12/8発表版)
【仮想通貨FX】
最低スプレッド (前回の告知の通り)
変更前:300円
変更後:500円

保有建玉上限 (変更後の上限をさらに引き下げ)
変更前:30BTC
変更後:10BTC
※前回の告知では20BTCへの変更であったのを、10BTCに変更

最大注文数量 (変更を追加)
変更前:新規・決済ともに5BTC/回
変更後:新規・決済ともに2BTC/回

【ビットコイン現物売買】
最低スプレッド (前回の告知の通り)
変更前:3,000円
変更後:5,000円

最大注文数量 (変更を追加)
変更前: 3BTC/回
変更後: 1BTC/回

ビットコイン価格はこの数日過去最大の上昇を続け、8日朝に初めて200万円を突破していました。

ビットコイン200万円を突破、2日間で50万円以上の上昇

2017.12.08

8日14時50分現在では反落し、1BTC=180万円目前まで下落していますが、依然として荒い値動きが続いています。