ビックカメラ、オンラインストアでもビットコイン決済可能に

家電量販大手のビックカメラが13日、オンラインストア「ビックカメラ.com」でのビットコインによる支払い受付をスタートしました。

ビックカメラ.comでは1会計につき税込10万円までの支払いをビットコインで行うことが可能で、決済には仮想通貨取引所bitFlyerのシステムが用いられます。

ビットコイン決済を利用するには仮想通貨取引所での口座開設が必要で、bitFlyer以外の口座からの支払いも可能です。

ビックカメラはbitFlyerと提携し、今年4月から一部の店舗でビットコインによる決済の受付を開始、7月からは全店舗でビットコインによる決済を受け付けていました。さらに今月8日、実店舗でのビットコイン決済の上限額を10万円から30万円に引き上げています。

今年、国内ではほかにもメガネスーパーやDMM.com、HIS等の企業がビットコインによる決済の受付を開始しており、今後さらに利用が拡がっていくことが期待されます。