ビットポイントがリップル、ライトコインの取り扱い予定を発表

仮想通貨取引所BITPoint(ビットポイント)が、今月14日にライトコイン、来月18日にリップルの取引サービスを開始することを発表しました。


ビットポイントでリップル&ライトコインが取引可能に!

サービス開始概要

ライトコイン(LTC):2018年1月14日(日)より開始

リップル(XRP):2018年2月18日(日)より開始

上記の日程で「LTC/JPY」および「XRP/JPY」の通貨ペアの現物取引サービスが利用可能になります。

※ビットポイントではレバレッジ取引、FX取引といった証拠金取引サービスの提供も行っていますが、今回追加される通貨ペアは現物取引のみの対応となります。

 

今回追加されるのは期待の2通貨

今回追加が発表されたリップルとライトコインは、ともに昨年12月に大きな価格上昇を成し遂げた期待の通貨です。


2017年始めからの1年間の値動きを見ると、リップルは約0.7円から約230円と300倍以上、ライトコインは約500円から約2万5千円とおよそ50倍になっており、大躍進したアルトコインと言えます。

リップルが前日比40%超の上昇 日韓での送金実験開始が要因に

2017.12.13

リップル急上昇後も高値を維持、出金遅延や買規制も

2017.12.18
 

BITPoint(ビットポイント)について

ビットポイントは東証二部上場企業である株式会社リミックスポイントの完全子会社です。


上場企業による運営という点以外にも、電話によるサポートを受け付けているなど、初心者でも安心して利用できる取引所です。


ビットポイント

ビットポイントでは、ビットコイン、ビットコインキャッシュ、イーサリアムの現物取引や、ビットコイン/円のレバレッジ取引(最大25倍)ビットコインFXなどを提供しています。


ビットコインの現物取引では、日本円以外にも米ドルやユーロ、香港ドルなど多様な法定通貨とのペアを取り扱っているのが特徴です。


また、ビットコインFX取引では、世界的なFX自動売買ツールとして人気の高いMeta Trader4(通称MT4)を利用した本格的な取引が行えます。