三菱UFJが独自通貨を扱う取引所開設を計画

三菱UFJフィナンシャル・グループが、開発中の独自通貨「MUFGコイン」を取り扱う取引所の開設を計画中であることが報じられました。

同グループは昨年から独自通貨「MUFGコイン」の開発や、三菱東京UFJ銀行行員によるMUFGコイン利用の実証実験などを進めており、一般向けの発行を目指してきました。

MUFGコインは、グループが直接運営する取引所で取り扱うことによって、1MUFGコイン=1円になるように価格が調整され、価格の安定が図られる計画です。そうすることによって、即時送金や低い手数料といった仮想通貨のメリットを取り入れつつ、安定した価格の通貨となることが期待されます。

グループはすでにMUFGコインのチャージや決済が行えるスマートフォンアプリを開発するなどし、2018年中の一般向けの発行を目指すとしています。

国内の金融業界ではみずほフィナンシャルグループも独自の通貨「Jコイン」の発行を計画しており、2018年は大手金融機関による独自通貨の発行の流れが加速することが予想されます。