ビットフライヤーがヤマダ電機へビットコイン決済サービス提供開始

国内最大級の仮想通貨取引所ビットフライヤーが、2018年1月27日(土)より株式会社ヤマダ電機に対してビットコインによる決済サービスの提供を開始することを発表しました。

ヤマダ電機2店舗でビットコイン決済開始

ビットコイン決済の受付はまずLABI 新宿東口館(新宿区)およびConcept LABI TOKYO(中央区)の2店舗で試験的に導入し、その後全国の店舗へと拡大することを目指すということです。

決済額の上限は1会計につき30万円相当までで、購入者はあらかじめスマートフォンにインストールした「bitFlyer ウォレット」を使い、店舗のタブレットに表示されたQRコードを読み取ってビットコインによる支払いを行います。

支払われたビットコインはビットフライヤーのシステムによって即座に円に換金された上で送金されるため、ヤマダ電機側はビットコインの価格変動の影響を最小限に抑えることが可能とされます。

ヤマダ電機では「ビットコイン決済導入キャンペーン」として、27日(土)、28日(日)の2日間、店舗内に設置するbitFlyerアカウント開設支援コーナーで各店舗先着500名ずつに500円相当のビットコインをプレゼントする予定です。また、ビットコイン決済限定の特別価格商品の販売も行うということです。

広がるビットコイン決済

ビットフライヤーのプレスリリースによると、同社のサービスを利用した2017年のビットコイン決済金額は2016年の50倍以上に増加しており、月間の決済金額が数千万円以上の加盟店も増加しているということです。ビットフライヤーはこれまでにもビックカメラ、エイチ・アイ・エス、ぐるなびなど大手企業にビットコイン決済サービスの提供を展開してきています。

家電量販大手のビックカメラも昨年ビットコイン決済の導入に乗り出し、12月にはオンラインストアでも決済受付をスタート、さらに決済上限額を従来の10万円から30万円に引き上げており、昨年大きく値上がりした仮想通貨の保有者による高額決済への需要がうかがえます。

ビックカメラ、オンラインストアでもビットコイン決済可能に

2017.12.14

今回のヤマダ電機による導入も、ビットコインの値上がりによる利益を得た投資家による高額商品の購入を見込んだ施策と見られます。

ヤマダ電機は47都道府県すべてに出店する家電量販最大手で、全国の店舗でのビットコイン決済導入が実現すれば、仮想通貨の普及にとって大きな進展となりそうです。