ビットフライヤー 三井住友海上と共同でブロックチェーン技術を使った実証実験スタート

国内最大級の仮想通貨取引所であるビットフライヤーが、損害保険業大手の三井住友海上と共同で、ブロックチェーン技術を用いた業務効率化の実証実験を開始したと発表しました。

   

今回の実証実験の内容は、保険申し込み書類を確認する業務においてブロックチェーン技術を活用し、業務の効率化を図るというものです。

 

発表内容によると、これまで三井住友海上では保険申し込みに関する業務を行う際、全国の拠点間で申し込み書類のやり取りを紙の書類とFAXによって行っていましたが、今回の取り組みで当該業務をブロックチェーンの活用によって行う実証実験を行い、業務の効率化やサービス向上を目指すということです。

 

今回の実験ではビットフライヤーが独自に開発しているプライベート・ブロックチェーン「miyabi」が活用されます。「miyabi」はビットフライヤーが創業以来開発を続けている独自のブロックチェーンで、改ざん不可能性が高いというブロックチェーンの特性を活かしつつ、ハードフォークや孤立ブロックの発生といった従来のブロックチェーンの課題を解決し、取引の信頼性や処理速度が高いことが強みとされています。

 

実証実験は2018年1月中旬に開始されており、約3ヶ月間実施される予定ということです。保険申し込み書類の照会や進捗状況の共有などがブロックチェーン上で行われ、実用の可能性が検討されます。

 

国内で大手の損害保険事業者によるブロックチェーン技術を用いた業務効率化が成功すれば、業界に大きなインパクトを与えることが予想されます。