コインチェック13日にも日本円の出金再開か

およそ580億円相当の仮想通貨ネムの不正流出事件が発生し、ビットコイン以外のすべての通貨(日本円含む)の出金を停止していた仮想通貨取引所コインチェックが、今月13日にも日本円の出金を再開する見通しであることがわかりました。


コインチェックでは先月26日に当時のレートでおよそ580億円相当の顧客の資産である仮想通貨ネムが不正に送金される事件が発生し、ユーザーが預けていたビットコイン以外のすべての通貨(日本円含む)を出金することができなくなっていました。

コインチェックにおけるネム不正送金 発生から現在までのまとめ

2018.01.29

その後同社の公式サイトでは日本円の出金再開について「技術的な安全性等について検証中」としていましたが、このたび安全性が確認できたとして13日にもユーザーの日本円が出金可能になる見通しであると伝えられています。


ただ、その他の仮想通貨の出金の再開や、不正送金の被害を受けたネムの元保有者への補償の時期については、依然として目処が立っていない状況です。


事件後、コインチェックは金融庁から業務改善命令を受けており、下記4つの事項について今月13日(火)までに書面で報告することを命じられています

  1. 今回の不正送金事件の事実関係及び原因の究明
  2. 顧客への適切な対応
  3. 経営管理態勢の強化及び責任の所在の明確化など
  4. 再発防止策の策定など

提出される報告書の中でコインチェックは顧客への補償についての方向性を示すと見られ、その行方に注目が集まっています。