コインチェックが不正送金に係る補償を実施 NEM価格は約18%上昇

今年1月26日に顧客の資産であった仮想通貨ネムが不正に送金される事件が発生した仮想通貨取引所コインチェックが、被害にあった顧客への補償を開始しました。


【コインチェックより】


公式サイトの発表によると、同社は2018年1月26日23時59分59秒時点でネムを保有していたユーザーを対象に、2018年3月12日中に補償を行うとしています。


補償は日本円で行われ、「88.549円×上記時点でのネムの保有数」の金額がユーザーのコインチェックのアカウントに反映されるということです。


ユーザーの間では保有していたネムが強制的に日本円に換金されて返金されるため、利益確定扱いとなって税金が発生する可能性について不満の声も上がっていますが、コインチェックは「課税関係については国税当局と相談中」としています。


SNSでは複数のユーザーが自身のアカウントに補償額が入金されたことを報告しており、補償は順調に行われていると見られます。


さらにコインチェックでは、不正送金の発生以来、一時停止していた他の仮想通貨の出金および売却についても、外部の専門家の協力のもと安全性が確認されたため、12日より一部を順次再開すると発表しています。


出金再開 イーサリアム
イーサリアムクラシック
リップル
ライトコイン
ビットコインキャッシュ
ビットコイン
売却再開 イーサリアム
イーサリアムクラシック
リップル
ライトコイン
ビットコインキャッシュ
(※ビットコインは当初から売却可能)

現時点で引き続き取引が一時停止中となっている通貨はリスク(LISK)、ファクトム(FCT)、モネロ(XMR)、オーガー(REP)、ジーキャッシュ(ZEC)、ネム(NEM)、ダッシュ(DASH)となっています。


コインチェックはこれらの通貨について「仮想通貨の各種リスクの洗い出しや技術的な安全性等が確認でき次第、お客様の資産保護を最優先とした機能から再開をしてまいります」としています。


コインチェックによる補償の実施を受け、主要仮想通貨の多くが下げ相場となっている中でネムの価格は過去24時間比で約18%上昇し、1XEM=約44円となっています。