ビットフライヤー取引所「Lightning」のiOSアプリ版が登場 抽選で先行限定公開も

ビットフライヤーが、ビットコインの現物・FX・先物取引およびアルトコインの現物取引に対応した取引所「bitFlyer Lightning」のiOSアプリ版をリリースすることを発表しました。


【ビットフライヤーより】



ビットフライヤーの通常の「販売所」がビットフライヤーを取引相手として同社の提示価格で仮想通貨の販売・買取を行うのに対し、「bitFlyer Lightning」は、ユーザー同士でのビットコイン現物・先物・FX、アルトコイン売買注文のマッチングが行われる取引所です。


「bitFlyer Lightning」アプリ版の正式なリリース予定日はまだ明らかにされていませんが、ビットフライヤーはツイッターで、公式アカウントのフォロー&リツイートを行ったビットフライヤーユーザーの中から抽選で100名に「bitFlyer Lightning」アプリ版を先行で限定公開すると発表しました。



その後、「予定人数を上回る応募があった」として先行限定公開ユーザーの募集は終了しましたが、ビットフライヤーは「追加募集を検討している」としています。



ビットフライヤーについて

ビットフライヤーはみずほキャピタル、電通イノベーションパートナーズなど多数の名だたる大企業から出資を受けており、しっかりとした財政基盤と信頼性が強みの取引所です。次世代暗号システムやコールドウォレットを採用するなどセキュリティ対策にも力を入れています。


初心者でも利用しやすい「簡単取引所」のほか、上級者向けの取引所bitFlyer Lightningやレバレッジ取引も提供しており、初心者から上級者までおすすめできる取引所です。