LINEの仮想通貨事業 本格的な人材採用を開始

今年2月に仮想通貨事業への参入を発表していたコミュニケーションアプリ大手のLINE株式会社が、仮想通貨を含む金融関連サービスにおいて、本格的な人材採用を開始することを発表しました。


【LINE Financialより】


LINEは今年1月に新会社「LINE Financial株式会社」を設立しており、今後この新会社で、LINE上での仮想通貨交換や取引所、ローン、保険など様々な金融関連サービスの提供を行う計画であることを2月に発表していました。


また、金融庁への仮想通貨交換業者登録申請をすでに行い、審査中であることも明らかにしていました。

LINEが仮想通貨事業への参入を発表 LINE上で仮想通貨決済・取引へ

2018.02.01

さらに3月初めには、日本のユーザーを対象に金融サービスのゲートウェイとなる「LINEウォレット」機能の提供を開始したことを発表しました。

仮想通貨事業に進出予定のLINE、アプリ内に「LINEウォレット」を新設

2018.03.08

今回の発表でLINEは、「ブロックチェーン技術などの研究開発を積極的に推進し、仮想通貨やローン、保険などの金融関連サービスを提供する準備を進めていく」とし、「革新的なフィンテック事業を実現すべく、中長期的に500名規模の採用を目指す」としています。