【速報】コインチェック 匿名通貨など4種の取り扱い廃止を発表

コインチェック「Monero」など4種類の仮想通貨の取り扱いを廃止することが、18日付の官報で明らかになりました。


コインチェックが官報で公告した内容によると、「Monero(モネロ)」「Zcash(ジーキャッシュ)」「Dash(ダッシュ)」「Augur(オーガー)」の4銘柄の取り扱いを6月18日をもって廃止するということです。


ユーザーがコインチェックの口座で保有するこれらの通貨については、6月18日以降に日本円に換金した上で返金されるということです。


今回発表された内容は以下の通りです。

仮想通貨交換業の一部廃止の公告


当社は、平成三十年六月十八日をもって、仮想通貨交換業において取り扱っている「Monero」「Zcash」「Dash」及び「Augur」(以下「対象通貨」といいます。)の取り扱いを廃止することにいたしました。


平成三十年六月十八日時点で当社が管理するお客様の対象通貨につきましては、平成三十年六月十八日以降に、当社が適当と判断する時期及び方法により、日本円に換金して、当社に開設されているお客様の預かり口座にて管理します。


以上、資金決済に関する法律第六十三条の二十第三項の規定により公告いたします。


平成三十年五月十八日 東京都渋谷区渋谷三ー二八ー一三渋谷新南口ビル三階

コインチェック株式会社 代表取締役 勝屋 敏彦


(インターネット版官報 平成30年5月18日 本紙 第7265号 31ページより)


「Monero(モネロ)」「Zcash(ジーキャッシュ)」「Dash(ダッシュ)」の3銘柄は匿名通貨と呼ばれ、以前からコインチェックが登録業者として金融庁から認可されないのはこれらの通貨を取り扱っていることが原因ではないかと言われていました。


これらは送金先の追跡が困難な仮想通貨で、資金洗浄などの犯罪に悪用されるリスクが指摘されており、不正送金事件後、マネックス傘下で事業継続と登録業者入りを目指すコインチェックにおいて、取り扱いを継続するのは困難との見方が強くなっていました。


さらにこれらの匿名通貨に加えて、仮想通貨「Augur(オーガー)」も取り扱い廃止となることが明らかになりました。


オーガーは「未来を予測し、予測が当たっていた場合に報酬を受け取ることができる」という「予測市場において取引される仮想通貨」として知られており、ギャンブル性が問題視される可能性を考慮しての取り扱い廃止と推測されます。


追記:公式サイトでも取り扱い廃止を発表

コインチェック公式サイトでも一部通貨の取り扱い廃止が発表されました。


【コインチェックより】


発表によると、管理態勢の強化等が必要となることを踏まえ、「少しでも懸念のある通貨を取扱うことについては、当社として適切ではないと判断し、仮想通貨の特性を踏まえた各種リスクの再検証を実施」した結果、「Monero(モネロ)」「Zcash(ジーキャッシュ)」「Dash(ダッシュ)」「Augur(オーガー)」の取り扱い廃止を決定したということです。


取り扱い廃止に伴い、ユーザーが廃止日に保有している対象通貨は、市場価格で売却・日本円に転換され、コインチェックアカウントの残高に反映されるということです。