ビットバンクが「仮想通貨を貸して増やす」サービスを開始

ビットバンク株式会社が、仮想通貨取引所bitbank.ccにおいて「仮想通貨を貸して増やす」サービスの提供を開始したことを発表しました。


【bitbank.ccより】


ビットバンクは今年3月に本サービスの開始予定を発表しており、一度開始時期が当初の予定から延期となりましたが、このたびサービス提供を開始したということです。


本サービスはビットバンクとユーザーが仮想通貨貸借取引契約を締結し、ユーザーは所有する仮想通貨をビットバンクに貸し出すことで、1年後に貸し出し数量に応じた所定の利用料を受け取ることができるというものです。


ビットバンクに口座を持つユーザーなら申し込むだけですぐに始めることができ、最大で年率5%の貸し出し料を受け取ることができます。本サービスを利用することで、口座に眠っているだけで使っていない仮想通貨をビットバンクに貸し出して増やすことができるということです。


現在、本サービスの対象通貨はビットコインのみとなっていますが、他の仮想通貨も今後対象とする予定となっています。


受け取れる利用料は下記の通りで、貸し出し数量に応じて3〜5%となっています。


貸し出し数量 利用料率(税込)/年
1BTC以上 5BTC未満 3%
5BTC以上 10BTC未満 4%
10BTC以上 5%
対象仮想通貨
【現在の対象】
  • ビットコイン
【順次対応予定】
  • リップル
  • ライトコイン
  • モナコイン
  • イーサリアム
  • ビットコインキャッシュ

ビットバンクが運営する取引所について

ビットバンク株式会社は「bitbank.cc」と「ビットバンクトレード」という2つの取引所を運営しています。


bitbank.ccはビットコイン、イーサリアム、リップルなど6種類の仮想通貨の「現物売買のみ」を扱う取引所です。


それに対しビットバンクトレード最大20倍のレバレッジでのビットコインFXを提供する「レバレッジ取引専用の取引所」です。


独自のCGF制度により「追証なし」を実現しているほか、最短2分で口座開設・即日取引開始ができる点も魅力です。

スマホで簡単登録!ビットバンクトレードの口座開設方法

2018.03.14