GMOコイン 仮想通貨FXに4銘柄追加、全取り扱い仮想通貨のレバレッジ取引が可能に

GMOコインが、同社が提供するレバレッジ取引「仮想通貨FX」のサービスの対象銘柄に、ビットコインキャッシュイーサリアムライトコインリップルの4種類のアルトコインを追加したことを発表しました。


【GMOコインより】


今回の追加により、以前から取り扱っていたビットコイン/円のレバレッジ取引に加えて、GMOコインでは5種類の取り扱い仮想通貨すべてのレバレッジ取引が可能となりました。


【プレスリリースより】


GMOコインの仮想通貨FXでは、ビットコイン/円で5倍または10倍、その他のアルトコインのペアでは一律5倍でのレバレッジ取引ができます。各銘柄のスプレッドは変動制となっています。


通貨ペア レバレッジ
ビットコイン/円 5倍・10倍
イーサリアム/円 5倍
ビットコインキャッシュ/円 5倍
ライトコイン/円 5倍
リップル/円 5倍

これまで国内の取引所でリップル等のアルトコインのレバレッジ取引ができるのはDMM Bitcoinのみでしたが、今回の追加によってGMOコインでも複数のアルトコインのレバレッジ取引が可能になり、ユーザーの選択肢が広がりました。

仮想通貨とFX【仮想通貨FXができる取引所まとめ付き】

2018.05.22

GMOコインについて

GMOコインGMOインターネットグループが運営する取引所で、ビットコインイーサリアムビットコインキャッシュライトコインリップルの現物売買と仮想通貨FXのサービスを提供しています。初心者にもわかりやすいシンプルな取引画面が好評です。


即時入金および出金時の手数料が無料なのも嬉しいポイント。また、テクニカル指標やスピード注文などの充実した機能を備えた仮想通貨FX専用スマホアプリ「ビットレ君」を提供しており、外出先でもスマホで簡単に取引が行えます。