家計簿サービス「マネーフォワード」、仮想通貨の損益計算サービスと連携へ

自動家計簿・資産管理サービス「マネーフォワード」を提供する株式会社マネーフォワードが、仮想通貨取引ユーザー向けに仮想通貨の損益計算や確定申告などをサポートする機能を強化することを発表しました。


マネーフォワードはPCやスマホアプリから家計や資産の一元管理ができるサービスで、利用者数は500万人を突破しており、2017年の調査で「現在利用している家計簿アプリ」のシェア第1位となっています。


【プレスリリースより】


仮想通貨については、現在ビットフライヤー、コインチェック、ザイフの3つの取引所と連携し、保有残高や取引履歴を管理できる機能を提供していますが、ユーザーからの要望に応えてさらにビットバンク、QUOINEXなどの大手取引所と連携することを決定したということです。


さらに、同社は仮想通貨の損益計算サービスなどを展開する株式会社クリプタクトや株式会社Aerial Partnersと連携し、仮想通貨関連の確定申告に必要な損益計算の結果を自動で作成し、CSVで取得できる機能を2018年夏より実装するとしています。


【プレスリリースより】


同社は今月、100%子会社として「マネーフォワードフィナンシャル株式会社」を設立しており、2018年夏よりブロックチェーン・仮想通貨に関するメディアを開始するほか、2018年内の仮想通貨交換所開設を目指しており、金融庁への交換業者登録のための手続きをすでに開始しているということです。