GMO、ゲーム内でビットコインを報酬として配布できるサービスを8月より開始

仮想通貨取引所GMOコインを運営するGMOインターネットグループが、ゲームアプリ内で仮想通貨を報酬として配布できるシステム「CryptoChips(クリプトチップス) byGMO」を開発し、グループ会社を通じて今年8月より提供開始することを発表しました。


【プレスリリースより】


「CryptoChips」が実装されたゲームアプリでは、プレイヤーがミッション達成時などに報酬として仮想通貨を受け取ることが可能です。


GMOインターネットグループは多くの人々に仮想通貨をより身近に感じて欲しいとの目的から本サービスを開発したということで、まずはビットコインの配布に対応するとしています。


「CryptoChips」対応タイトル第一弾として、2018年8月よりリアルタイム型ジントリ(陣取り)バトルゲーム「ウィムジカル ウォー(Whimsical War)」にビットコインの配布機能を実装する予定ということです。


【プレスリリースより】


「ウィムジカル ウォー」はGMOインターネットグループが提供するiOS/Android対応のゲームアプリで、2018年8月よりゲーム内のプレイヤーランキングに応じてビットコインの配布を行う予定ということです。


GMOインターネットグループでは同グループが提供する他のゲームアプリにも「CryptoChips」の実装を予定しているほか、将来的には他社のゲームタイトルへの実装も行っていくとしています。


GMOコインについて

GMOコインGMOインターネットグループが運営する取引所で、ビットコインイーサリアムビットコインキャッシュライトコインリップルの現物売買と仮想通貨FXのサービスを提供しています。即時入金および出金時の手数料が無料で取引コストが低いことや、初心者にもわかりやすいシンプルな取引画面が好評です。


先日、仮想通貨FXのサービスにアルトコイン4種が加わり、取り扱い仮想通貨5種すべてでレバレッジ取引ができるようになりました。また、現物取引や仮想通貨の送付、管理ができる「GMOコイン 仮想通貨ウォレット」と仮想通貨FXに特化した「ビットレ君」の2種類のスマートフォンアプリを提供しており、現物取引・レバレッジ取引ともにスマホで手軽に行うことができます。

GMOコイン 仮想通貨FXに4銘柄追加、全取り扱い仮想通貨のレバレッジ取引が可能に

2018.05.31

GMOコイン 仮想通貨ウォレットアプリをリリース

2018.06.02