下落続くビットコイン価格、60万円台へ

ビットコイン価格は下落が続き、14日午前、1BTC=約69万4,740円となっています。


TradingViewのデータを加工】


11日に韓国の取引所でハッキングによって仮想通貨が盗まれる事案が発生したことや、米アップルがiPhoneでの仮想通貨のマイニングを禁止する方針を発表したことなどが悪材料となったと見られます。


仮想通貨市場は全体的に下落相場となっており、1ETH(イーサリアム)=約52,645円、1XRP(リップル)=約58円などとなっています。


仮想通貨FX等を提供している取引所

下落相場での取引で利益を狙う場合、仮想通貨FXで売りから入る方法があります。仮想通貨FX等のサービスを提供する代表的な国内の取引所は、下記の業者があります。

ビットフライヤー

ビットフライヤーはビットコインのFX・先物取引などに対応した取引所「bitFlyer Lightning」を提供しています。


Lightning FX(ビットコインFX)・Lightning Futures(ビットコイン先物)では、最大15倍のレバレッジを効かせ、価格の上昇・下落の両方の相場で利益を狙うことができます。


「Lightning FX」では、証拠金の預け入れを日本円またはビットコインで行うことができます。「bitFlyer Lightning」を利用するには、まずはビットフライヤーでのアカウントの作成が必要です。


GMOコイン

GMOコインではビットコインFXを提供しており、スマートフォンで簡単に取引できる専用アプリが好評を博し、昨年後半に広がったビットコインFXブームを牽引した存在と言えます。


証拠金は日本円で入金でき、取り扱い銘柄はビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、ライトコイン、リップルの5種で、「ビットコイン/円」の通貨ペアでは5倍または10倍、その他のアルトコイン/円の通貨ペアでは一律5倍のレバレッジをかけられます。


GMOコインでアカウントを作成後、ログインしてメニューの「仮想通貨FX」から取引できます。


DMM Bitcoin

DMM Bitcoinは14種類の豊富な通貨ペアのレバレッジ取引を提供しています。ネムやリップルなどアルトコインのレバレッジ取引もできる点が最大の特徴で、これほど豊富な種類の仮想通貨のレバレッジ取引ができるのは、現時点で国内ではDMM Bitcoinのみとなっています。


レバレッジは5倍固定で、使いやすいツールでスマホからも手軽に取引ができます。


ビットポイント

ビットポイントには「レバレッジ取引」と「ビットポイントFX取引」というサービスがあります。


どちらもビットコインの証拠金取引となっていますが、下記のような違いがあります。

レバレッジ取引
  • 通貨ペア:「ビットコイン/円」
  • 利用方法:ビットポイントHPからログインして利用
ビットポイントFX取引
  • 通貨ペア:「ビットコイン/円」、「ビットコイン/米ドル」、「ビットコイン/ユーロ」、「ビットコイン/香港ドル」
  • 利用方法:取引ツール「MT4」をダウンロード後、ユーザーのパソコンにインストールして利用

いずれのサービスでも、レバレッジは現在「2倍・5倍・10倍・25倍」の中から選べるようになっており、最大25倍のレバレッジをかけられるのが魅力です。


また、ビットポイントでは新規口座開設と口座への入金で、入金額に関わらず3,000円相当分のビットコインを受け取れる非常にお得なキャンペーンを定期的に実施しており、お得にビットコイン取引を始めることができます。

3,000円相当のビットコインがもらえる!ビットポイントが好評の口座開設キャンペーン第8弾を実施中!

2018.06.07

ビットバンクトレード

ビットバンクトレードはビットバンク株式会社が運営する取引所です。


ビットバンク株式会社は「bitbank(ビットバンク)」と「ビットバンクトレード」の2つの取引所を運営しています。


bitbank(ビットバンク)は仮想通貨の現物売買のみを扱っており、ビットバンクトレードは最大20倍のレバレッジでのビットコイン先物取引「BTCFX」を提供する、レバレッジ取引専用の取引所となっています。


最大20倍のレバレッジをかけられるので、資金効率の良い取引ができる点が特徴です。


ビットバンクトレードでは証拠金としてビットコインを入金し、「ビットコイン/米ドル」ペアの取引を行います。


独自のCGF制度というシステムにより「追証なし」を実現しているほか、最短2分での口座開設・即日取引開始ができる点も魅力です。

スマホで簡単登録!ビットバンクトレードの口座開設方法

2018.03.14