LINEが取引所「BITBOX」を7月より提供開始 日本と米国は対象外

無料通信アプリ大手のLINEが、今年7月より日本と米国を除く各国で取引可能な仮想通貨取引所「BITBOX」を提供開始すると発表しました。


【LINEプレスリリースより】


LINEの仮想通貨取引所「BITBOX」の概要
  • サービス提供対象:日本と米国を除いた全世界
  • 取扱い通貨:ビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、ライトコイン等、30種類以上を予定
  • 手数料:売買時のスプレッド 0.1%
  • 日本語を除く計15の言語に対応

「BITBOX」は仮想通貨の交換のみを行える取引所であり、法定通貨による仮想通貨の売買は実施しないということです。


日本と米国を対象外とすることについて、LINEは「LINEでは、各国のルールや規制に則り、仮想通貨事業を展開して参ります。」としており、仮想通貨に対する規制が厳格化している両国でのサービス提供を避けたことがうかがえます。


「BITBOX」では「日本居住者、海外居住の日本人および、米国居住者は非対象」となっており、非対象のユーザーはIPアドレスや電話番号、本人確認書類の提出などによって利用を制限するということです。


「BITBOX」の提供開始時期は今年7月中とされており、オープンから1か月間、新規ユーザーを対象に取引手数料が無料となるオープン記念キャンペーンの実施を予定しているということです。