SBIの仮想通貨取引所、年内に板取引サービスやイーサリアムの取り扱い開始を予定

7月31日に行われたSBIホールディングス株式会社の決算説明会資料が公開され、子会社であるSBIバーチャル・カレンシーズ株式会社による仮想通貨交換所事業やマイニング事業の今後の展開計画について明らかになりました。


圧倒的No.1の取引所を目指す

SBIホールディングスは仮想通貨交換所事業を行う子会社「SBIバーチャル・カレンシーズ」を設立後、同社による仮想通貨交換サービス「VCTRADE」をスタートし、今年7月17日から一般の口座開設申し込みを受け付け開始しました。ホームページでの告知のみであったにも関わらず、申し込み件数は急速に増加しているということです。


【SBIバーチャル・カレンシーズより】

SBIの仮想通貨取引所、口座開設申し込み受付を開始

2018.07.19

公開された決算説明資料によると、今後はさらなるスプレッドの縮小や、テレビCMによるプロモーション等を実施する予定ということです。


SBIホールディングスは「SBI FXトレード」や「SBI証券」において、低コストなサービスの提供によって業界で圧倒的な立場を築いたとし、仮想通貨取引所事業においても同様に業界最狭水準のスプレッドの提供などによって、圧倒的No.1の取引所となることを目指すとしています。


年内に板取引サービスやイーサリアムの取り扱いを開始

SBIバーチャル・カレンシーズでは、下記について2018年内の開始に向けて準備中としています。

  • 板取引サービスの提供
  • 仮想通貨の入出金サービス開始
  • イーサリアムの取り扱い開始

SBIバーチャル・カレンシーズによる仮想通貨交換サービス「VCTRADE」はユーザーが同社を相手に売買する販売所モデルとなっていますが、今後、ユーザー同士が「板」を利用して取引する取引所モデルのサービスを提供予定としています。また、取引所では、ビットコイン、ビットコインキャッシュ、リップルを取引手数料無料で取り扱う予定ということです。


また、現在「VCTRADE」では仮想通貨の売買のみが可能で、仮想通貨の入出金には対応していませんが、年内に入出金への対応を予定していると発表されています。


さらに、時価総額ランキング第2位の人気の仮想通貨であるイーサリアムの取り扱いも、年内に開始予定ということです。


独自コイン発行の基盤となるプラットフォームを提供

SBIホールディングスは今後、地域通貨などの独自コインの発行の基盤となる「Sコインプラットフォーム」を提供予定であると発表しています。


「Sコインプラットフォーム」を使うことで様々なコインの発行が簡単にできるようになり、複数の企業や自治体などが同じプラットフォーム上でそれぞれのコインのシステムを展開することで、決済端末や加盟店の相互利用・相互送客などが可能になるということです。


マイニング事業の状況

SBIホールディングスでは、2017年8月設立の「SBI Crypto」によってビットコインキャッシュのマイニングを行っており、今年1月より米国バージニア州で、7月よりスウェーデンでマイニングを開始しています。今年7月25日の時点で、SBIのマイニングシェアは4.3%となっているということです。


今後の計画として、SBIでは2019年度中を目途に大手企業と共同でマイニングチップを開発し、マイニングに用いるほか、外販も予定していることを発表しています。最終的には、ビットコインキャッシュのトータルシェアの3割の獲得を目指すということです。


2018年はヤフーやエンターテイメント業界大手のエイベックス株式会社も仮想通貨交換業への参入を発表しており、取引所の選択肢が増えるとともに、交換業者の淘汰が進むと見られています。

2018年仮想通貨取引所事業に参入予定の企業まとめ

2018.05.04

エイベックスが子会社「エンタメコイン」設立、仮想通貨交換業に参入へ

2018.05.29