ビットバンクが「仮想通貨を貸して増やす」サービスの2018年受付スケジュールを発表

bitbank(ビットバンク)が実施している「仮想通貨を貸して増やす」のサービスについて、2018年の受付スケジュールが発表されました。


ビットバンクは今年5月から「仮想通貨を貸して増やす」のサービスを開始しています。本サービスは、ユーザーが所有する仮想通貨をビットバンクに貸し出すことで、最大年率5%の仮想通貨を1年後に受け取ることができるサービスです。

ビットバンクが「仮想通貨を貸して増やす」サービスを開始

2018.05.28

発表された2018年の受付スケジュールは下記の通りです。


募集期 満了期日 対象通貨 ステータス
2018年5月期 2019年5月31日 ビットコイン 募集終了
2018年6月期 2019年6月30日 ビットコイン 早期終了
2018年7月期 2019年7月31日 ビットコイン 早期終了
2018年8月期 2019年8月31日 ビットコイン 早期終了
2018年9月期 2019年9月30日 ビットコイン
2018年10月期 2019年10月31日 ビットコイン
2018年11月期 2019年11月30日 ビットコイン
2018年12月期 2019年12月31日 ビットコイン

本サービスは開始以来好評を博しているということで、今年6月以降、3ヶ月連続で募集を早期終了しています。



現在、本サービスの対象仮想通貨はビットコインのみですが、ビットバンクでは順次リップル、ライトコイン、イーサリアム、モナコイン、ビットコインキャッシュ等の通貨にも対応していく予定としています。


ビットバンクについて

bitbank(ビットバンク)はビットバンク株式会社が運営する仮想通貨取引所です。


ビットバンク株式会社は「bitbank(ビットバンク)」と「bitbank Trade(ビットバンクトレード)」の2つの取引所を運営しています。


bitbank(ビットバンク)は仮想通貨の現物売買のみを扱っており、bitbank Trade(ビットバンクトレード)は最大20倍のレバレッジでのビットコインFXを提供する、レバレッジ取引専用の取引所です。


bitbank(ビットバンク) 現物売買専用
bitbank Trade(ビットバンクトレード) レバレッジ取引専用

現物取引専用の取引所「bitbank(ビットバンク)」は、仮想通貨を外部のネットワークから遮断された状態で管理するコールドウォレットの採用や複数の秘密鍵を用いるマルチシグなど、ハッキング等へのセキュリティ対策に非常に力を入れている取引所です。また、先日リップルの取引量が世界一になった取引所でもあります。

ビットバンクがリップルの取引量で世界No.1に

2018.06.01

現在ビットバンクでは全通貨ペアで取引手数料無料キャンペーンを実施中です。



レバレッジ取引専用の「bitbank Trade(ビットバンクトレード)」では、ビットコインFXの取引ができます。独自のCGF制度というシステムにより「追証なし」を実現しているほか、最短2分での口座開設・即日取引開始ができる点も魅力です。

スマホで簡単登録!ビットバンクトレードの口座開設方法

2018.03.14