マネーパートナーズがAIアシスタント「Clova」で仮想通貨レート配信機能を提供開始

FXや証券関連の事業を展開する株式会社マネーパートナーズが、LINEが提供するAIアシスタント「Clova(クローバ)」で利用できる為替・仮想通貨レート配信機能をリリースしたことを発表しました。


「Clova」は音声で操作でき、ハンズフリーで利用できるAIアシスタントです。


【プレスリリースより】


「Clova」に「ねぇClova、マネパレートを起動して!」と話しかけ、「ドル円」などと伝えると、マネーパートナーズ提供の通貨ペアおよび業務提携先が提供する仮想通貨ペアのレートを確認することができます。仮想通貨レートについては、Kraken社からの提供を受けているということです。


【公式サイトより】


マネーパートナーズは、「本機能を利用することで、24時間動き続ける為替レートを確認するためにパソコンやスマートフォンを見続ける必要がなくなり、ベッドやソファに寝ころびながら、あるいは、キッチンで料理をしながらでも、Clovaに話しかけるだけでレートの確認が可能になる」としています。


マネーパートナーズの仮想通貨取り扱いスタートはいつ?

マネーパートナーズは「ビットコインの取り扱いを検討することを東証一部上場の金融業種で最初に意思表明した企業」(公式サイトより)であり、昨年9月29日に関東財務局長第00001号として金融庁への仮想通貨交換業者登録を完了していますが、仮想通貨交換業はまだ開始していません。


公式サイトで「ビットコイン参考レート」を配信しているものの、現時点で具体的なサービス開始時期については発表されていません。


今回のプレスリリースで同社は「ビットコインをはじめとする仮想通貨への対応を始めている」と明記しています。また、同社の代表取締役の奥山泰全氏は日本仮想通貨ビジネス協会(今月8日に「日本仮想通貨事業者協会」より名称変更)の会長を務めており、「業者間の自主規制ルールの調整・意見のとりまとめに尽力している」としています。


2018年は仮想通貨業界の規制の整備が進むと言われており、マネーパートナーズはその進展とともに仮想通貨の取り扱いをスタートすることが期待されている大手企業の1つとなっています。