GMOグローバルサインが世界最速のマイニングソフトウェアを提供開始

GMOインターネットグループのGMOクラウド株式会社の連結会社であるGMOグローバルサイン株式会社が、世界最高速の仮想通貨マイニングソフトウェア「Cryptknocker(クリプトノッカー) byGMO」を全世界に向けて提供開始したことを発表しました。


「Cryptknocker」は、GMOグローバルサインが培ってきた暗号化技術やデータ処理の高速化などの技術を活かして開発した、仮想通貨Zcash向けのマイニングソフトウェアです。


【プレスリリースより】


また、GMOグローバルサインは、本ソフトウェアの提供を皮切りに仮想通貨事業への参入を行うということです。


GMOインターネットグループでは主力事業の一つとして仮想通貨事業を展開しており、2017年5月からGMOコインで仮想通貨売買・FX事業を、同年12月から仮想通貨マイニング事業を開始しています。GMOグローバルサインでは、これまで暗号化技術やデータ処理高速化などの技術を仮想通貨のマイニングに活かすべく、マイニングソフトウェアの開発を進めており、このたび世界最高速のハッシュレート(マイニング速度の指標)の実現に成功したことを受けて、「Cryptknocker」の全世界への提供を開始したということです。


「Cryptknocker」は「Equihash(エクイハッシュ)」と呼ばれるアルゴリズムを用いた仮想通貨向けのマイニングソフトウェアで、マイナーは事前にウォレットを用意しておき、パソコンにダウンロードしたCryptknockerのソフトウェアを起動後、poolを選択してコマンドを実行するだけでマイニングを開始できます。マイニングに成功すると、報酬のうち98%がマイナーのウォレットへ、残りの2%が利用料として「Cryptknocker」のウォレットへ自動で入る仕組みということです。


【プレスリリースより】


GMOコインについて


GMOインターネットグループが運営するGMOコインは、ビットコインイーサリアムビットコインキャッシュライトコインリップルの販売所サービスおよびビットコイン(現物取引・レバレッジ取引)の取引所サービス、仮想通貨FXのサービスを提供しています。即時入金および出金時の手数料が無料で取引コストが低いことや、初心者にもわかりやすいシンプルな取引画面が好評です。


先日、取引所サービスをリリースし、より幅広い取引ニーズに応えられるようになっています。

GMOコイン、取引所サービスを提供開始

2018.09.06

また、現物取引や仮想通貨の送付、管理ができる「GMOコイン 仮想通貨ウォレット」と仮想通貨FXに特化した「ビットレ君」の2種類のスマートフォンアプリを提供しており、現物取引・レバレッジ取引ともにスマホで手軽に行うことができます。

GMOコイン 仮想通貨ウォレットアプリをリリース

2018.06.02