送金アプリ「マネータップ」がサービス開始、住信SBIネット銀行などで24時間手数料無料で送金可能に

SBIホールディングス株式会社の子会社であるSBIリップルアジア株式会社が、住信SBIネット銀行などと共同開発したスマートフォン用送金アプリ「Money Tap(マネータップ)」の一般サービス提供を開始しました。


【マネータップ公式サイトより】


本サービスは米リップル社のブロックチェーン技術を利用した個人間送金サービスで、住信SBIネット銀行など日本国内の3銀行と接続して提供開始予定であることが今年春に発表されていました。

住信SBIなど3銀行がリップル社の技術を利用した個人間送金サービスを今秋開始予定

2018.03.17

マネータップでは、個人間の送金を安全・リアルタイムかつ快適に行うことができます。現時点で接続している住信SBIネット銀行、スルガ銀行、りそな銀行の口座であれば、1回3万円、1日10万円までの送金については24時間365日いつでも手数料無料で即時送金が可能です。これにより、これまで銀行振込が利用される機会が少なかった少額の送金についても、キャッシュレス化が促進できるということです。


送金先の指定については、銀行口座番号のほか、携帯電話番号やQRコードを用いた送金機能もあり、指紋などの生体認証と組み合わせることで、ユーザーエクスペリエンスとセキュリティの両立を図っているということです。マネータップに対応する金融機関は、今後順次拡大していく予定となっています。


マネータップはApp StoreおよびGoogle Playで無料でダウンロード可能です。


マネータップでは米リップル社の技術が活用されていますが、同社が発行するリップルコインは先月21日に価格が急上昇して以来、50円以上をキープしています。

リップルが50円超に急伸 前日比約40%高に

2018.09.21

リップルを購入・取引できる取引所

リップルの売買や取引は、以下の取引所で行うことができます。

DMM Bitcoin

DMM BitcoinはDMM.comグループが運営する仮想通貨取引所です。現物取引の取り扱いはビットコインとイーサリアムのみですが、リップル、イーサリアム、ネム、ライトコインなど7種類の仮想通貨のレバレッジ取引が可能で、レバレッジ取引ができる仮想通貨の種類の多さでは国内トップクラスです。


日本円の入出金手数料が無料(入金はクイック入金利用の場合無料)で、iOS、Androidに対応した操作性の良いスマートフォンアプリで手軽に取引できるのも大きな魅力です。


現在DMM Bitcoinでは、今月末までの口座開設でもれなく1,000円がプレゼントされる口座開設キャンペーンを実施しています。

【2018年10月】DMM Bitcoinでの口座開設でもれなく1,000円がもらえるキャンペーン開始!

2018.10.01

GMOコイン

GMOコインGMOインターネットグループが運営する取引所で、ビットコインイーサリアムビットコインキャッシュライトコインリップルの現物売買と仮想通貨FXのサービスを提供しています。即時入金および出金時の手数料が無料で取引コストが低いことや、初心者にもわかりやすいシンプルな取引画面が好評です。


先日、仮想通貨FXのサービスにリップルを含むアルトコイン4種が加わり、取り扱い仮想通貨5種すべてでレバレッジ取引ができるようになりました。GMOコインでは、新規口座開設で20,000Satoshi (=0.0002BTC) がプレゼントされるキャンペーンを実施中です。

GMOコインがもれなく20,000Satoshi(0.0002BTC)をプレゼントする口座開設キャンペーンを実施中!

2018.08.04

ビットポイント

ビットポイント東証二部上場企業である株式会社リミックスポイントの完全子会社である株式会社ビットポイントジャパンが運営しており、電話によるサポートを受け付けているなど、初心者でも安心して利用できる取引所です。


ビットコイン、イーサリアム、リップル等の現物取引と最大25倍のレバレッジ取引ビットコインFXも提供しています。


仮想通貨の売買や送金・受金の手数料が無料で、手数料を気にすることなく様々な機能を利用できます。ビットコインFXでは世界的に人気のトレーディングツールMT4を使って本格的な取引が行えます。