GMOが日本円と価値が連動するコイン「GMO Japanese YEN」を発行予定と発表

GMOコインを運営するGMOインターネットグループが、日本円と価値が連動する「ステーブルコイン」として「GMO Japanese YEN」を、2019年を目処に発行する準備を開始したと発表しました。


ステーブルコインとは、法定通貨によって価値を裏付けられた通貨で、ペッグ通貨と言われることもあります。既存のペッグ通貨としては、USドルやユーロと価値が連動する仮想通貨”Tether(テザー)”があります。


ステーブルコイン(ペッグ通貨)には、「送金手数料が安い」「即時取引が可能」といったブロックチェーンの利点を活かしつつも、法定通貨と価値を連動させることで、価格の大きな変動がなく、利便性と安定性が両立されるというメリットがあります。GMOインターネットグループのニュースリリースによると、世界には57種類のステーブルコインが存在し、うち23種類はすでに流通しており、2018年10月9日時点でのステーブルコインの総時価総額は30億ドル(約3,414億5,231万円)に上るということです。


GMOインターネットグループでは、仮想通貨事業を戦略的事業分野と位置づけており、GMOコインによる仮想通貨交換業の運営のほか、仮想通貨のマイニング事業も行っています。

GMOが9月のマイニング成果を発表、報酬は時価約3.8億円

2018.10.05

同グループでは「決済」の領域へも参入することを見据え、日本円と価値が連動する「円ペッグ通貨」を「GMO Japanese YEN(ティッカーシンボル:GJY)」として、2019年度を目処にアジア地域へ向けて発行を開始する予定ということです。


「GMO Japanese YEN」は、発行する円ペッグ通貨と同等の日本円をGMOグループが保有することで価値を担保する「カレンシーボード制」を採用することを検討中であると発表されています。


同グループは、ステーブルコインは途上国の多くが悩まされるハイパーインフレの解決法の一つとなり得るほか、数あるステーブルコインの中でも日本円に担保された「円ペッグ通貨」は、高い信用力と仮想通貨ならではの手数料の安さとスピードを兼ね備えた理想的な通貨となる可能性が高いとしています。


GMOコインについて


GMOインターネットグループが運営するGMOコインは、ビットコインイーサリアムビットコインキャッシュライトコインリップルの販売所サービスおよびビットコイン(現物取引・レバレッジ取引)の取引所サービス、仮想通貨FXのサービスを提供しています。即時入金および出金時の手数料が無料で取引コストが低いことや、初心者にもわかりやすいシンプルな取引画面が好評です。


先日、取引所サービスをリリースし、より幅広い取引ニーズに応えられるようになっています。

GMOコイン、取引所サービスを提供開始

2018.09.06

また、現物取引や仮想通貨の送付、管理ができる「GMOコイン 仮想通貨ウォレット」と仮想通貨FXに特化した「ビットレ君」の2種類のスマートフォンアプリを提供しており、現物取引・レバレッジ取引ともにスマホで手軽に行うことができます。

GMOコイン 仮想通貨ウォレットアプリをリリース

2018.06.02