GMOコインが取引画面等をアップグレード 資産管理や取引がより便利に

GMOコインが、ログイン後の「会員ホーム」画面や取引画面などのアップグレードを実施しました。


会員ホーム画面にポートフォリオを表示

ログイン後の「会員ホーム」画面で、口座の資産状況やポートフォリオをすぐに確認できるよう、下記のアップグレードが行われました。

  • 仮想通貨時価評価額および前日比を追加
  • 円グラフで各仮想通貨の保有割合が分かるポートフォリオを追加

【GMOコインより】


レバレッジ取引画面での決済注文時に概算決済損益等を表示

レバレッジ取引の画面で、これまでは決済注文の際に指値注文の場合のみ「概算約定代金」と「概算決済損益」が表示されていましたが、成行での決済注文時にもこれらの参考値が表示されるようになりました。


取引所の決済注文画面で「取引数量」を入力し、「成行」をチェックすると、「概算約定代金」と「概算決済損益」が表示されます。


【GMOコインより】


成行での決済注文時にもこれらの参考値が表示されることで、より取引がしやすくなりました。


日本円入金時の金融機関の選択がスムーズに

メガバンクの口座から日本円の入金を行う場合、これまでは「その他の銀行(Pay-easy)」のボタンをクリック後、入金手続きに進む必要がありましたが、今回のアップグレードで三菱UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行、りそな銀行、埼玉りそな銀行のボタンが用意され、入金がよりスムーズに行えるようになりました。


【GMOコインより】


その他、GMOコインでは、取引所への仮想通貨銘柄の追加、取引所のアクティブトレーダー向けの機能拡充、アプリ「GMOコイン 仮想通貨ウォレット」のリニューアルなどのサービス改善を企画・検討中であるとしています。



GMOコインについて


GMOコインGMOインターネットグループが運営する取引所で、ビットコインイーサリアムビットコインキャッシュライトコインリップルの販売所サービスと仮想通貨FXのサービス、ビットコインの取引所サービスを提供しています。即時入金および出金時の手数料が無料で取引コストが低いことや、初心者にもわかりやすいシンプルな取引画面が好評です。


先日、仮想通貨FXのサービスにリップルを含むアルトコイン4種が加わり、取り扱い仮想通貨5種すべてでレバレッジ取引ができるようになりました。


また、現物取引や仮想通貨の送付、管理ができる「GMOコイン 仮想通貨ウォレット」と仮想通貨FXに特化した「ビットレ君」の2種類のスマートフォンアプリを提供しており、現物取引・レバレッジ取引ともにスマホで手軽に行うことができます。

GMOコイン 仮想通貨ウォレットアプリをリリース

2018.06.02

GMOコインでは、新規口座開設で20,000Satoshi (=0.0002BTC) がプレゼントされるキャンペーンを実施中です。

GMOコインがもれなく20,000Satoshi(0.0002BTC)をプレゼントする口座開設キャンペーンを実施中!

2018.08.04