ソニー研究所がICカード型の仮想通貨ハードウェアウォレット技術を開発

ソニー研究所がICカード型ハードウェアウォレット技術を開発

株式会社ソニーコンピュータサイエンス研究所が、ソニー株式会社のICカード技術を応用した非接触ICカード型の「仮想通貨ハードウェアウォレット技術」を開発したことを発表しました。


現在、仮想通貨の保有者の多くは、取引所などのオンラインウォレットにおいて仮想通貨を保有していますが、取引所のサーバーが不正アクセスを受けるなどして仮想通貨を管理するための「秘密鍵」が流出した場合、保有する仮想通貨が他人に使われてしまうリスクがあります。


このような流出リスクへの対策として、仮想通貨をハードウェアウォレットで管理することが有効であるとされています。ネットワークから遮断されたデバイスであるハードウェアウォレットで仮想通貨を管理することで、仮想通貨を流出・盗難のリスクから守ることが可能となると言われています。


ソニーコンピュータサイエンス研究所では、長年培った非接触型ICカード技術を応用した「仮想通貨ハードウェアウォレット技術」を開発しました。既存のハードウェアウォレットはUSBでPCと接続するデバイスであったのに対し、この技術を用いたICカード型ハードウェアウォレットは小型で持ち運びやすく、さらに信頼度の高いICカード内モジュールで安全に秘密鍵を生成・保存することも可能であるということです。


【プレスリリースより】


同研究所は、今回開発された「仮想通貨ハードウェアウォレット技術」は、仮想通貨の取引や管理だけでなく、ブロックチェーン技術を応用した個人情報管理システムにおける個人情報の利用許諾など、様々な応用が可能なインフラ技術であるとしています。


同研究所は、ブロックチェーン技術のさらなる普及を目指して、「仮想通貨ハードウェアウォレット技術」の事業化に向けた取り組みを進めていくとしています。


DMM Bitcoinでの取引でハードウェアウォレットが当たる!

上述のようにハードウェアウォレットは仮想通貨を不正アクセスによる盗難等のリスクから守る手段として有効とされ、仮想通貨市場の盛り上がりとともに一時品薄となり、入手困難になったこともあります。


今回発表されたICカード型ハードウェアウォレットが入手可能となるまでにはまだ時間がかかると考えられますが、現在仮想通貨取引所DMM Bitcoinでは、取引条件を満たしたユーザー500名に人気の仮想通貨ハードウェアウォレット「LedgerNanoS」をプレゼントするキャンペーンを実施しています。

DMM Bitcoinでの取引でハードウェアウォレットLedgerNanoSが当たる!

2018.10.02

また、DMM Bitcoinでは、今月末までの期間中に口座開設を完了した場合、もれなく1,000円をプレゼントするキャンペーンも実施中です。

【2018年10月】DMM Bitcoinでの口座開設でもれなく1,000円がもらえるキャンペーン開始!

2018.10.01