金融庁が仮想通貨の自主規制団体を認定 登録業者の審査プロセスも公表

日本仮想通貨交換業協会(JVCEA)が認定自主規制団体に

24日、金融庁が日本仮想通貨交換業協会(JVCEA)を資金決済法に基づく自主規制団体として認定したことが発表されました。


JVCEAは今年3月に、金融庁の登録済み仮想通貨交換業者16社を会員として発足しました。認定を受けてJVCEAは、24日付で自主規制ルールを施行し、自主規制業務を正式に開始したと発表しています。


自主規制ルールにはマネーロンダリング等に悪用される可能性がある仮想通貨の取り扱いや、インサイダー取引の禁止などに関する内容が含まれており、会員である金融庁への登録済み交換業者16社に対してルールが適用されるということです。


さらに24日、金融庁によって、仮想通貨交換業者の登録審査のプロセスや、登録審査に係る質問票などが公表されました。


登録審査の主要プロセスは「役員ヒアリング」「書面審査」「訪問審査」とされており、さらに金融庁が「事業者との対話を円滑に実施するためのツールとして利用している」という質問票には、リスク管理体制やウォレットの管理運用状況、ビジネスモデルなどに関する400項目以上の質問項目が記載されています。


今年9月の金融庁の発表によれば、現在仮想通貨交換業への新規参入の意向を示している業者は160社以上に上るとされています。金融庁は今回の審査プロセス等の公表によって、審査プロセスの効率化・迅速化・透明化の推進を図りたいとしています。


おすすめの金融庁登録済み業者

DMM Bitcoin

DMM Bitcoinは、株やFXのサービスも展開するDMM.comグループが運営する仮想通貨取引所で、現物取引ができる銘柄はビットコインとイーサリアムの2種類のみと少ないですが、レバレッジ取引の取り扱い銘柄数は7種類で、国内の取引所の中では最も豊富です。


株やFXのサービス運営で培われたシステムの安定性取引ツールの使いやすさiOS・Android両対応の操作性の良いスマートフォンアプリなども人気のポイントで、スマートフォンの取引アプリのダウンロード数は60万件を突破しています。

DMM Bitcoinの取引アプリが60万ダウンロードを突破

2018.08.22

DMM Bitcoinでは、下記期間中に新規口座開設を完了(郵送物に記載された認証コードを入力完了)した場合、もれなく1,000円がプレゼントされるという非常にお得な内容のキャンペーンを実施中です。




ビットポイント

ビットポイントは東証二部上場企業である株式会社リミックスポイントの完全子会社である株式会社ビットポイントジャパンが運営しており、仮想通貨取引所としては珍しく電話による問い合わせを受け付けているなど、初心者でも安心して利用できる取引所です。


ビットポイントではビットコイン、イーサリアム等の現物取引や、最大25倍のレバレッジ取引、ビットコインFXを提供しています。


ビットポイントでは、期間中に新規に「総合口座」を開設し、口座開設後に5万円以上の入金を行ったユーザーに3,000円相当のビットコインをプレゼントするキャンペーンを実施しています。



ビットポイントの口座開設は、スマホから簡単に行うことができます。

初心者から上級者まで人気!ビットポイントでの口座開設方法

2018.02.08

GMOコイン

GMOコインはGMOインターネットグループが運営する取引所で、ビットコインイーサリアムビットコインキャッシュライトコインリップルの販売所サービスと仮想通貨FXのサービス、ビットコインの取引所サービスを提供しています。即時入金および出金時の手数料が無料で取引コストが低いことや、初心者にもわかりやすいシンプルな取引画面が好評です。


先日、仮想通貨FXのサービスにリップルを含むアルトコイン4種が加わり、取り扱い仮想通貨5種すべてでレバレッジ取引が可能になりました。


GMOコインでは、新規口座開設で20,000Satoshi(=0.0002BTC)がプレゼントされるキャンペーンを実施しています。